FC2ブログ

墨の歴史 日本の墨

 墨の歴史 日本の墨




 日本の墨についての記録は『日本書紀』巻22に「推古天皇の18年(610年)春三月、高麗王、僧曇徴を貢上す。曇徴よく紙墨をつくる」というのが、最も古いものとされています。今日では最古の墨として、正倉院に中国と朝鮮の墨が保存されていますが、この文章からすると、この墨は当然の事ながら朝鮮経由で来たものだと言えます。しかしながら古墳時代の壁画などには、黒、朱、緑、黄などが見られることから、もっと早い時期に外国より伝わっていたと言う説もあります。推古天皇の時代は中国の熱心な仏教文化の影響を受け、日本でも写経なども盛んに行なわれるようになり、輸入だけでは需要に追いつかず、製造もするようになったと考えられます。

 文武天皇の大宝元年(701年)に制定された大宝令によれば、中務省の図書寮に造墨手四人を置いたとあり、延喜式(927年)にも図書寮の項に『凡そ年料に造るところの墨四百丁(中略)長上一人、造手四人』とあり、神祇官に墨一丁、斎宮寮に三丁というように配分の記録があります。又この頃には墨屋、筆屋の名が見え、官製の他にも民間で製造していたようです。

 中世紀に入ると紀伊の国藤代、近江の国武佐、丹波の国柏原、淡路島などで製墨が行なわれました。これは松煙墨です。油煙墨は鎌倉時代に造られていたのではないかと推定されています。『雍州府志』巻七の土産墨の項に、鎌倉時代に油煙墨が興った推測出来る文章があります。

 江戸時代になると徳川幕府は中国文化を尊び、唯一の門戸の長崎を通じて、大名や豪商などが文房具に装飾としての興味を持ち、外国文化への憧憬から、唐様書道を始め、文房四宝に高い関心を示すようになりました。当時の代表的書人の市河米庵などは墨にも高い関心を示し「米庵墨談」を刊行しています。江戸時代も奈良が墨造りの中心的産地であったが、他に紀州藩「藤代、藤白墨」尾張藩「東秀園」の墨が知られていました。

 明治以降から昭和初期
 明治時代に入ると日本でも奈良を中心に、様々な墨造りが出るようになります。しかし、江戸、明治とも中国のものに比べると、品質的に劣り、大半は中国の墨だったといえるでしょう。戦前の墨は主として、学校習字教育用墨、事務用墨であります。大正十年頃までは、松の木から採る松煙と菜種油から製造する油煙との二本建ての原料でしたが、大正十年以後は、アメリカからカーボンブラックが輸入され、墨の原料に利用されました。その前後に鉱物油(アンソラセン、ナフタリン等)の採煙法がおこり、原料の煤煙も四本建てになりました。そして昭和に入っては、原料の松煙は主として重油、軽由から製する工業煙が主となり、戦争に入って油類が軍需物資になり、早々と統制になってしまいました。

 現在も墨造りの中心は奈良市(奈良墨、14軒)ですが、他に伊勢(鈴鹿墨、6軒)にもあります。伝統を守りながら新しい技術を取り入れ今日に伝えています。


資料提供:株式会社墨運堂
資料提供:書道用品通販 書道用具・筆墨硯紙の書道洛
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

shodoraku

Author:shodoraku



書道用品通販 書道用具・筆墨硯紙の書道洛へようここそ!


書道用品、水墨画用具の通販専門店! 筆墨硯紙をはじめ篆刻、写経、拓本、絵手紙・字手紙などの書道用具や書道用品から墨染め染色墨液、和紙の糸、墨屋の建築用品、熊野化粧筆等書道道具の製造技術から生まれた製品まで多数通販してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
6139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
235位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR