FC2ブログ

筆の基礎知識 筆の歴史2

筆の基礎知識 筆の歴史2

■目本の筆作り

現存する最古の筆は、正倉院御物の「天平筆」17本で、主に兎毫・鹿毫・狸毫を用いた紙巻仕立てです。

日本に筆がいつ伝来したかは定かではありませんが、文献によると大宝年間(701~704)には「造筆手」を置いたとあり、国内で筆が作られていたことがわかります。

812年には、空海が唐の造筆法による狸毛筆四本(楷・行・草・写経用)を天皇に奉献したという記録があり、当時の大陸の高い技術がわが国に伝えられ、影響を及ぼしたことが推察されます。このころには、関東から九州まで各地で筆が作られるようになり、かなに適した鹿毛が多く用いられました。江戸時代には御家人の内職として、高品質の筆が盛んに作られるようになりました。



資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

スポンサーサイト



テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

コメント

非公開コメント

プロフィール

shodoraku

Author:shodoraku



書道用品通販 書道用具・筆墨硯紙の書道洛へようここそ!


書道用品、水墨画用具の通販専門店! 筆墨硯紙をはじめ篆刻、写経、拓本、絵手紙・字手紙などの書道用具や書道用品から墨染め染色墨液、和紙の糸、墨屋の建築用品、熊野化粧筆等書道道具の製造技術から生まれた製品まで多数通販してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
7591位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
292位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR