FC2ブログ

紙の基礎知識 紙の取り扱い方

紙の基礎知識 紙の取り扱い方

できたての紙は水分が多く、墨の乗りが悪いので、紙を〃ねかせる〃ことが必要になります。ねかせる方法としては、別の紙などでくるみ、風通しのいい高い場所に置くのが一般的でしょう。期間はその紙の質により異なるでしょうが、最低1~2年と考えておきます。十年、二十年とねかせる人もあります。
加工紙は一般的にはねかしすぎない方がいいと言われています。しかし加工の種類によって紙の状態も異なるので、買うとき、店の人に尋ねておく事をおすすめします。

資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

※「文房四宝の基礎知識」は、今回をもって最終回となりました。ご愛読有難う御座いました。

スポンサーサイト

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

プロフィール

shodoraku

Author:shodoraku



書道用品通販 書道用具・筆墨硯紙の書道洛へようここそ!


書道用品、水墨画用具の通販専門店! 筆墨硯紙をはじめ篆刻、写経、拓本、絵手紙・字手紙などの書道用具や書道用品から墨染め染色墨液、和紙の糸、墨屋の建築用品、熊野化粧筆等書道道具の製造技術から生まれた製品まで多数通販してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
10288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
355位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR