硯の基礎知識 硯の取り扱い方

硯の基礎知識 硯の取り扱い方

使い終わった硯は、スポンジや脱脂綿などでよく水洗いして、墨のかすを残さないようにします。墨のかすが残っていると次に使うときに発墨がよくありません。乾かしてから箱に入れて保管します。

よく使い、墨の下りが悪くなったと感じたら、硯用の砥石をかけて鋒鋩を立てることが必要です。墨堂に水を多めにたらし、墨を磨るように砥石を垂直にあて、ゆっくりとやさしくこすります。あとは水洗いをして乾かしておきます。

資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

スポンサーサイト

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

プロフィール

shodoraku

Author:shodoraku



書道用品通販 書道用具・筆墨硯紙の書道洛へようここそ!


書道用品、水墨画用具の通販専門店! 筆墨硯紙をはじめ篆刻、写経、拓本、絵手紙・字手紙などの書道用具や書道用品から墨染め染色墨液、和紙の糸、墨屋の建築用品、熊野化粧筆等書道道具の製造技術から生まれた製品まで多数通販してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
6067位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
222位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR