FC2ブログ

紙の基礎知識 紙の呼称1

紙の基礎知識 紙の呼称1

■中国画仙紙は、厚さにより、一枚漉きを単宣、単宣を二回重ねて漉いたのを夾宣、一枚ずつ漉いた紙を二枚重ね合わせたものを二層夾宣と分類しています。
その他、光沢があり表面が滑らかな高級紙を玉版宣、漉き目模様が残っているのを羅紋宣といいます。
加工された紙には、蝋箋、蝉衣箋、亀甲箋、倣古箋などがあります。

資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

紙の基礎知識 和紙の原料と産地

紙の基礎知識 和紙の原料と産地

和紙の原料は、主に楮、三椏、雁皮で、麻、稲藁、桑、ハルプなども用いられています。全国各地で特色のある和紙が作られていますが、書道用としては、山梨県(甲州紙)、鳥取県(因州紙)、愛媛県(伊予紙)が有名です。

資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

紙の基礎知識 中国画仙紙の原料と産地

紙の基礎知識 中国画仙紙の原料と産地

現在の中国の画仙紙は、稲藁(棉料)に青檀の樹皮を混合させたものと言われています。その割合によって、青檀の樹皮が多いものを浄皮といい、やや割高です。

中心的な産地は、安徽省(宣城・寧国・太平・県)です。元々宣紙というのは安徽省宣城産の紙を指しますが、画仙紙の代名詞としても使われ、福建省産の紙も福建宣紙などという言い方をします。

竹の繊維を主原料にしたものを唐紙といい、一番唐紙、二番唐紙(半紙の毛辺)、白唐紙などがあります。福建省が主な産地です。その他、近年台湾産の画仙紙もよく使われるようになってきました。



竹の繊維が唐紙の原料となる

資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

紙の基礎知識 紙の歴史3

紙の基礎知識 紙の歴史3

■和紙の歴史
文献上では、推古天皇十八年(610)に紙墨の製法が伝わったとありますが、それ以前に伝来していた可能性は高いと思われます。現存する最古の紙は、正倉院に残る大宝二年(702)の戸籍用の楮紙です。平安時代になると、大陸伝来の"溜め漉き"という方法に代わって、ネリ(トロロアオイの根から取れる汁液)を使う"流し漉き"という画期的な方法が編み出されました。現在もほとんどの和紙はこの方法で漉かれています。国風文化が花開いたこの時代は、かなの発達とともに華麗な料紙も多く作られました。主原料は手間のかかる麻から、楮、雁皮へと移行し、その後三椏が加わります。

鎌倉以降、料紙は質が落ち、種類も少なくなりますが、各地方で用途に合わせた特色のある紙が作られるようになります。江戸時代には幕府の保護もあり、書写材料にとどまらず生活の隅々にまで和紙が使われました。

現存する日本最古の紙 大宝二年(702)の戸籍用の「楮紙」

資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

紙の基礎知識 紙の歴史2

紙の基礎知識 紙の歴史2

■中国紙の変遷
西域のコンチダリア河畔で、328年と推定される「李柏文書」が発見され、王義之とほぼ同年代の墨書として関心を集めました。蔡倫の時代から200年以上がたっていますが、紙の表面は粗く、現在の紙に比べるとまだ劣質なものです。

隋・唐になると製作技術はぐんと高まり、茶毘紙・縦簾紙・色麻紙など種類も豊富になりました。この頃は麻の紙が主流ですが、宋代には竹を原料とした紙も多く作られるようになりました。今日使われているような、墨に敏感な画仙紙が作られ始めたのは、清代以降のことです。

王義之とほぼ同時代の墨書「李柏文書」


資料提供:芸術新聞社「墨スペシャル26 文房四宝の楽しみ」より

テーマ : コレ知ってる?
ジャンル : ライフ

プロフィール

shodoraku

Author:shodoraku



書道用品通販 書道用具・筆墨硯紙の書道洛へようここそ!


書道用品、水墨画用具の通販専門店! 筆墨硯紙をはじめ篆刻、写経、拓本、絵手紙・字手紙などの書道用具や書道用品から墨染め染色墨液、和紙の糸、墨屋の建築用品、熊野化粧筆等書道道具の製造技術から生まれた製品まで多数通販してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
5226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
199位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR